お中元時期 お中元マナー

お中元って、いつ頃贈ったらいいの?

お中元を贈る時期は夏ですが、具体的にいつ頃贈るのが一般的かご存じですか。



お中元の時期は、7月の上旬から15日ごろまで送るのが一般的と言われています。

店頭などを覗くと、6月あたりからお中元コーナーがあるので、ちょっと勘違いしてしまいますよね。

その結果、6月あたりからお中元を贈ってしまう方も居るようです。

どんどんお中元の時期が早まっているように感じる部分もありますが、正確的には7月頭から15日頃までと覚えておきましょう。

関西の方は他の地域と違うので要注意

関西方面では、少し事情が違う場所もあるようです。



関西の方は、8月に贈る傾向があり、8月の頭から15日までに贈る風習もあるそうです。

これらは、その地方により違いがあるようなので、自分の住んでいる場所じゃない方にお中元を差し上げる時は、調べた方が良いかもしれません。



逆に、関西の方が関東の方にお中元を贈る時は、関西の感覚ですと遅くなってしまう事がありますので、失礼に当たってしまう事もあります。

時期を外さないようにする事は、常識として守りたい事ですので、関東方面の時期を頭に入れておくようにしましょう。

どんな間柄の相手に贈るのかにより、のし書きを変える

お中元は、上司やお世話になった人、親戚など、様々な相手に贈る物です。

ここで気にしておかなくてはいけないのは、贈る相手と今後継続的にお付き合いかあるのか否かです。



お中元は、今後も継続してお付き合いがある事が前提で贈る物です。

継続して贈らない相手には、お中元ののし書きを付けてしまう事が失礼に当たる事があります。

のし書きは感覚で付けているようにも思えるかもしれませんが、実はとても大事な物です。



継続して送らない1度限りの相手には「お中元」にはせず、「御礼」というのし書きにして贈ってあげると良いでしょう。

お中元ののしは、時期によって違う

お中元は、夏に贈るからお中元ではなく、その時期によります。

もちろん、のしも時期によって変わりますので、間違いの内容にしましょう。



7月上旬から15日までは、「お中元」ののしになります。(関西は8月15日まで)

7月15日以降は、「暑中見舞い」になります。(関西は8月15日以降)



のしは店頭で書いていただく事が殆どなので、不明解ですと店員さんに聞いて委ねてしまう事があります。

しかし、その店員さんでも、これらの常識を把握していない方もいらっしゃいますので、ご自分で把握して覚えておくと良いでしょう